トップページ > 決意表明

決意表明

 私は4年前、「マニフェスト2007」を公表して市長選に臨み、4期目当選直後に大阪地検特捜部の事実誤認に基づく強制捜査により、市政の混乱を収拾するため辞職しました。この混乱を招くに至ったことについて、市民のみなさまに深くお詫び申し上げます。

 しかし、私は談合には関与しておらず、公判で一貫して無実を訴えてきました。小堀副市長が無罪となり、検察が描いた「官製談合」ではなかったことが明らかになったように、この事件は事実誤認による冤罪です。(詳細は中司宏を支援する会をご覧ください)

 私にとって、この失われた4年は、本来、マニフェストに基づいて行革を仕上げ、財政基盤を固めるとともに、地方分権改革を強力に推進する時期のはずでした。
 これまで一市民として市政を見守ってきましたが、残念なことに、速やかな中核市への移行、総合文化会館の整備をはじめ、引き継がれたと思っていたマニフェストの多くが実現されませんでした。しかも、私が12年間必死に取り組んできた市政改革がどんどん後退し、このまま抜本的な対策を講じなければ、愛する枚方市が財政的に破綻してしまう現状が見えてきたのです。
 失われた4年は、やるべき事業が先送りされてきた4年でもありました。

 私は、市長の果たすべき役割について、市の将来ビジョンを描き、はっきり理念を示し、きちんとマネジメントを行いながら政策を進め、市民幸福度、満足度を上げていくことだと考えています。
 過去12年間私は、経常収支比率の改善につとめるなど厳しい財政を立て直しながら、火葬場、市民病院の立て替え着手をはじめ、成すべき事業をやり抜いてきました。加えてこの4年間冤罪で苦しみ、政治的に抹殺され、どん底の中を闘ってきました。
 だから私には、この厳しい時代を乗り切り、枚方を再生する自信と覚悟があります。

 枚方の未来を見据え、破局を回避し、子どもたちの夢を実現するため、あと4年もこの状況を見過ごすことはできない―こう考え、大変厳しい状況の中で悩んだ末、敢えて今、私は決意いたしました。
 「なぜ、今、決意するのか?」の問いに、「なぜ、今、決意せずにいられるのか?」と、私は覚悟を持ってお答えいたします。

イメージバナー
「ときめき枚方」市民の会ニュース
後援会会員募集

後援会では、新規会員を募集しています!
詳しくは 事務所 まで。

メディア
議員リンク
携帯サイトQRコード

携帯サイトQRコード http://nakatsuka.in/

携帯サイトでは、メールマガジン配信などで活動内容をお届けします

ページトップ